ミドリムシの特長

では、ミドリムシの青汁の特長を具体的に見ていきます。ミドリムシは、先述の通り葉緑素を持っている藻類の仲間です。しかし、その栄養素は59種類とされ、その中には植物にはない不飽和脂肪酸やビタミン、アミノ酸が多く含まれているのです。また、パラミロンというミドリムシにしかない栄養素があります。これはスポンジ状の成分で、その穴の中に不要なものを吸着し、体外へ排出するというデトックス効果を持っているのです。通常の青汁で言う食物繊維の働きと言えばいいでしょう。

また、ミドリムシの細胞には細胞壁がありません。野菜などの植物の細胞には、細胞壁があり中の栄養分が外へ出にくい構造になっています。しかし、ミドリムシにはそれがなく、中の栄養分をそのまま取り入れることができるのです。どんなに栄養価の高い食品でも、吸収率が悪ければ、栄養が無いのと同じことです。この吸収率の高さと、幅広い栄養素がミドリムシの青汁の最大のメリットと言えるでしょう。

ミドリムシのこういった特長を活かしているのは、青汁だけに留まりません。化粧品やサプリメントはもちろんのこと、バイオ燃料の分野まで進出しているのです。青汁としてだけでなく大きな可能性を持ったミドリムシ。これからも注目の食品です。

カテゴリー: 未分類 | ミドリムシの特長 はコメントを受け付けていません。

青汁とミドリムシ

ミドリムシは光合成を行いながらも、移動できるという植物と動物の両方の特性を持っています。そのため、通常の青汁に含まれる栄養素に加え、動物性の栄養素も兼ね備えているのです。また、植物の細胞には細胞壁があるのに対し、このミドリムシの細胞には細胞壁がありません。つまり、消化吸収率がとても高いのもこのミドリムシの特長なのです。

このように、通常の青汁が植物成分だけを摂取するのに対し、ミドリムシの青汁は植物成分と動物成分の両方を同時に摂取でき、なおかつ吸収されやすいものなのです。この栄養の面で言えば、ミドリムシの青汁にはミネラルやアミノ酸が豊富に含まれていて、栄養分を広く補給したいという人にはおすすめのものです。また気になる味ですが、通常の青汁よりも飲みやすいのですが、気になる人はヨーグルトや牛乳などで溶かすとさらに飲みやすくなります。

日本人は古くから、魚を食べて生活してきました。しかし、近年は魚離れが進み、魚の摂取量が野菜の摂取量を下回るようになってきたのです。しかも、その摂取量は厚生労働省が推奨する摂取量にさえ届いていないのが現状です。こういった野菜不足、魚不足の現代人にこのミドリムシの青汁は最適なものと言えるのです。

カテゴリー: 未分類 | 青汁とミドリムシ はコメントを受け付けていません。

ミドリムシの可能性

最近、ミドリムシが脚光を浴びています。小学生の頃、授業で習った人も多いはずですが、ではこのミドリムシがなぜ今、注目を集めているのでしょう。それは、ミドリムシの特性を活かした青汁が人気となっているからなのです。ミドリムシと聞いて、ムシを連想するかもしれませんが、実はミドリムシは珪藻に近いもので藻類に分類されます。

ただ、ミドリムシは大変不思議な生物で、植物性細胞と動物性細胞の特性を持っているのです。この特性が青汁に向いていて、また他の健康食品にも多く使われています。ミドリムシは大きさが0.05mmと非常に小さく、肉眼では確認できません。しかし、その繁殖力は高く、短期間で大量培養できるとても効率のより食品なのです。

気候や風土に影響されにくいため、農作物を育てるよりも簡単に増やせるという特性もミドリムシならではのものです。また、このミドリムシは環境保全にも優れていて、同一面積であれば、熱帯雨林よりも高い二酸化炭素固定能力を持っているのです。他にも、燃料として利用されるものもあり、まさに奇跡の食品と言っていいでしょう。小さな身体に大きな可能性を秘めたこのミドリムシを使った青汁が、今、広く知られるようになり多くの人が飲まれているのです。

カテゴリー: 未分類 | ミドリムシの可能性 はコメントを受け付けていません。

ミドリムシは万能食品

最近、ミドリムシという言葉をよく耳にするようになりました。ミドリムシと言えば、理科の授業を思い出すかもしれませんが、このミドリムシの青汁が人気となっているのです。ミドリムシはムシという名前が付いていますが、藻類の仲間、つまり植物なのです。このサイトは、そんなミドリムシの青汁について説明します。

ミドリムシは、光合成を行う植物であるわけですが、実は鞭毛を使い移動するという動物としての性質も兼ね備えているのです。これはつまり、植物としての栄養素も持ちながら、植物にはない動物が持っているミネラルやアミノ酸などの栄養素も同時に持っているということでもあるのです。そのため、ミドリムシの青汁は通常の青汁と比べ、多彩な栄養素を含んでいるのです。また、ミドリムシの細胞には細胞壁がなく、細胞の中の栄養素の吸収率がとても高くなります。この2つの特性がミドリムシの大きな特徴と言えるでしょう。

ミドリムシの青汁には、59種類もの栄養素が含まれていて、中でもパラミロンという植物繊維に似た成分はミドリムシにだけ含まれる貴重なものなのです。このように、ミドリムシの青汁は野菜だけの青汁では補えない栄養素を多く含んでいて、しかも消化吸収率も高いという優れた栄養ドリンクなのです。味も通常の青汁と比べると飲みやすく、ヨーグルトなどとの相性もよいため、そういった他のドリンクと割って飲むのもおすすめです。これを機に、是非ミドリムシの青汁を飲んでみてください。

カテゴリー: 未分類 | ミドリムシは万能食品 はコメントを受け付けていません。