ミドリムシの特長

では、ミドリムシの青汁の特長を具体的に見ていきます。ミドリムシは、先述の通り葉緑素を持っている藻類の仲間です。しかし、その栄養素は59種類とされ、その中には植物にはない不飽和脂肪酸やビタミン、アミノ酸が多く含まれているのです。また、パラミロンというミドリムシにしかない栄養素があります。これはスポンジ状の成分で、その穴の中に不要なものを吸着し、体外へ排出するというデトックス効果を持っているのです。通常の青汁で言う食物繊維の働きと言えばいいでしょう。

また、ミドリムシの細胞には細胞壁がありません。野菜などの植物の細胞には、細胞壁があり中の栄養分が外へ出にくい構造になっています。しかし、ミドリムシにはそれがなく、中の栄養分をそのまま取り入れることができるのです。どんなに栄養価の高い食品でも、吸収率が悪ければ、栄養が無いのと同じことです。この吸収率の高さと、幅広い栄養素がミドリムシの青汁の最大のメリットと言えるでしょう。

ミドリムシのこういった特長を活かしているのは、青汁だけに留まりません。化粧品やサプリメントはもちろんのこと、バイオ燃料の分野まで進出しているのです。青汁としてだけでなく大きな可能性を持ったミドリムシ。これからも注目の食品です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク